携帯から当院の簡単な内容をご覧いただけます
ぜひご登録を。
    0120-374-706
 住所:大分県大分市碩田町2−2−28(中島十条沿い)  
 TEL:097−513−4040

 休院:日曜/水曜
(夕方開院) 営業時間:10:00〜21:00【予約制】
最高の健康と最高のパフォーマンスをあなたに!!
大分中央カイロプラクティックセンター
Chiropractic & Athlete Care
神経の流れが正常になれば、痛みの管理のみならず、心身の機能(生命力)が開放されます!カイロプラクティックは、そのお手伝いをしています。
大分県、大分市、別府市、由布市、杵築市、国東市、宇佐市、中津市、臼杵市、津久見市、佐伯市、豊後大野市、竹田市、WHO(国際)基準カイロプラクティック、アクティベータメソッド、グラストンテクニック
 

腰痛 肩こり 頭痛 生理痛 スポーツ障害 アスリートケア 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 手足のしびれ 女性特有のお悩み ストレス解消 おねしょ 夜泣き 小児の問題 ぎっくり腰 事故後の障害 ムチ打ち 頚椎ヘルニア 頚椎症 四十肩 五十肩 自律神経失調 不定愁訴 更年期 肘・膝の痛み 首の痛み 背中の痛み 便秘 下痢 不眠 股関節痛 変形性関節症 坐骨神経痛、瘢痕組織、軟部組織損傷、軟組織線維化、慢性炎症、筋筋膜、腱膜、可動制限、モビリゼーション、整体ではない
院外活動
このページのTOPへ


TOP〉〈カイロプラクティックとは?〉〈当院の特徴〉〈施術の流れ〉〈料金・アクセス〉 
プロフィール〉(施術適応・禁忌)(よくある質問)(体験談) 〈お問い合わせ〉(ブログ)〈リンク


ライン

Copyright(C)大分中央カイロプラクティックセンター. All Rights Reserved.
    ちなみに、広告や情報誌、ホームページなどでカイロプラクティックの
   看板を掲げながら「耳つぼ」「骨盤○○」「ダイエット」「美容」「痩身」
   「小顔」「リラクゼーション」などを前面に打ち出して営業している施術
   (治療)院を見かけますが、ご覧のとおり定義の中にそのような文言は含
   まれていません。

 
    ホントにカイロプラクティックなのでしょうか…。

    ご利用くださる皆様に安心・安全で適切なケアを受けていただけるよう、カイロプラクティ
   ックが、正しく認知され、正しく広がっていくことを願っています。

どんな人が利用するの? 施術禁忌は?

チェック!!
 サブラクセーションとは以下のように定義されています。 
 検査・原因の特定が終了し、ケア適応と判断した場合にのみテクニックを使用するわけですが、アジャスト(調整)の対象は、主にサブラクセーションになります

 よく『骨のズレ』と表現されています。
 私は、この表現があまり好きではありませんので、あえて誤解を恐れずに言うならば「
神経の伝達異常の元となっている箇所」としたいと思います。

 これは多くの場合、病院でレントゲンを撮っても問題なしとされる程度のものですが、実は
非常に重要な問題なのです!! 

サブラクセーションの定義
   関節面の接触は保たれているが、アライメント、動きの不統一性、および(あるいは)
  生理学的機能が変化している、関節あるいは運動分節の障害もしくは機能不全。
   これは本質として機能的なものであり、生体力学的および神経学的統合に影響しうる。

     なぜならサブラクセーションは、痛みや違和感という自覚症状があろうが無かろうが
  “神経の伝達機能”に悪影響を与え続けているということですから、
気付かずに放置して
  いると、経験する必要のない痛みや違和感を感じたり、その他の様々な障害や疾病を引き
  起こす可能性がある
ということなのです。
   
   身体各部の運動性や機能性の低下、バランスの悪化などと重なり、骨、軟骨、筋肉、靭帯
  などの構造的変化や内臓疾患など自律神経系のトラブルをもたらすことなどが考えられます。

B.J.パーマー

D.D.パーマー

B.J.パーマー
D.D.パーマー
 1895年に、アメリカでD.D.パーマーが発見し、息子のB.J.パーマーが発展させた徒手療法です。

 創始者であるD.D.パーマーは、『カイロプラクティックとは、自然の法則に基づく哲学・科学・芸術であり、病気(体の不調)の原因となる脊柱上の分節を、手によってのみアジャスト(矯正)をする治療システムである。』と説明しています。

 現在では、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど世界約40の国や地域で、
医師もしくはそれと同等の資格として認められており、WHO(世界保健機関)も認める『第3の医療(他2つは、西洋医学、東洋医学)』として、重要な役割を果たしています。

 
世界的には医療、スポーツなど様々な分野で実績を残しているカイロプラクティックですが、残念ながら日本では未だ法制化されておらず、民間療法のひとつとしかみなされていません。
 
 公的な資格として認められていないことから、各教育機関による教育レベルに大きな差が生まれ、カイロプラクターの質にも自ずと大きな差を生むことになってしまいました。

 大きく分けると、カイロプラクティックを本来あるべき医学的な捉え方をし、長い時間をかけてより専門的な教育を受け、臨床家としてのプライドを持って活動をしているグループと、短期間で安い学費で小技を学び、利益優先と思われるような派手で大げさな宣伝をして活動しているグループがあります。

 当然のことながら知識・技術・思考などに大きな差が生じるため、カイロプラクティックをご利用くださっている方々の中には、適切なケアが受けられないなどの混乱を招いています。

 そこで
WHO、2005年(日本語訳は2006年)に、国民と患者を保護し、正規で、安全なカイロプラクティックの実施を推進するための重要な指標として、「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン」を発表しました。

 このガイドラインにのっとった基礎教育を受け、正しく運営をおこなっているかどうかは、ご利用いただく皆さまの健康に直接関係してきます
。 
 
 
 
施術院を選ぶ際の、大事な条件のひとつです。

      
  詳細は写真をクリック!!



      カイロプラクティックのアジャストメントでサブラクセーションが解消されると、神経系の働き
    が正常化され
、人間が生まれつき持っている
イネイトインテリジェンス〔いわゆる先天的知能(生
    命力、回復力、自然治癒力、免疫力など)〕
が最大限に機能することになります。
 
     自らの身体が正常に機能しようと働き始めるわけですから、
痛みの沈静化疼痛管理
も、その延
    長線上にあるとご理解いただくとよろしいかと思います。

     また、自律神経系の働き(内臓機能や精神面も含む)にも影響を与えますので、広い意味で身体機
    能の向上、すなわち
健康増進に貢献できると考えています。

    「痛みは無いけど、なんだか体調がすぐれない」というような方も、ぜひご来院ください。

     さらに、構造的な面から見てみると、
関節の可動性や姿勢が改善生理的彎曲)され、機能的で
    美しい姿勢
を獲得することができるため、見た目の問題のみならず、筋機能や筋バランスが安定し、
    コリ、だるさ、重み、冷え
等といった習慣的トラブルの改善・予防にも効果が期待できます。

     もちろんボディバランス
スポーツパフォーマンス等の向上にもつながりますので、海外で
    は疼痛管理のみならず、スポーツ選手をはじめ、様々な目的の方がカイロプラクティック・ケアを
    受けています。
 
     要するに
ヘルスケアの専門家ですね。適応範囲はかなり広いです。
 
     注意していただきたいのは、よく整体やマッサージ、柔道整復、などと混同された宣伝を見かけ
    ますが、バックボーンが全く異なっており別物です。
     それぞれに特性がありますので、ご利用の際は『何が目的なのか』をしっかりと確認して、納得
    のいく施術院をお選びいただくのがよろしいかと思います。

    『なんでも屋』は、あまりお薦めできません。


      当院では、WHO(世界保健機関)発表のガイドラインに則った、正しいカイロプラクティック
     ・ケアの提供を心掛けています。


  早めに、そして定期的に、正しいカイロプラクティック・ケアを受けることをお薦めしている理由です。
 
痛みや体調不良を感じて病院で検査したのに「特に問題は無い」と言われた経験はありませんか?
 
 問題がなければ痛みや不調は感じないはず
です。 

 原因はサブラクセーションかもしれません。

 WHOガイドラインの中には、カイロプラクティックおよびカイロプラクティックの業務についての定義が以下のように明記されています。
カイロプラクティック業務
  「全般的そして特殊な一連の診断法が用いられる。それには、骨格画像、臨床検査、整形学
  的および神経学的評価だけでなく、観察や触診による評価が含まれる。
   患者のマネジメントには、脊柱アジャストメント、その他の手技、リハビリテーション・
  エクササイズ、補助療法、患者教育、カウンセリングが含まれる。
   カイロプラクティック業務は、投薬や外科的介入のない神経筋骨格系の保存的マネジメント
  に重点を置く。」
カイロプラクティックの定義
  「神経筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、
  関節アジャストメントおよび/もしくはマニピュレーションを含む徒手治療を特徴とし、特に
  サブラクセーションに注目する」
(※定義の中に、診断、治療という言葉が含まれていますが、日本では、現時点で、カイロプラクターが診断等医療行為を行うことはできません。)
以上青字部分:「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン」より抜粋」
 WHOによる定義は、医療としての側面を強調せんがために、西洋医学に接近した表現になっていますが、個人的には、本来のカイロプラクティックの定義とは、若干解釈の差が生じているように思います。
 
 カイロプラクティックの第一の目的は『イネイト(先天的知能)を開放すること』です。

 イネイトの開放は、神経機能の正常化によってもたらされ、生命力や回復力を最大限に引き出すと考えられています。

  病気や痛みという『結果』に対するアプローチの専門家が医師とするなら、生命力や回復力の妨げになっている神経機能の問題(病気や痛みの原因と考えられるもの)を調整する、いわゆる『原因』に対するアプローチの専門家がカイロプラクターと言えば分かりやすいかもしれません。


 第3の医療といわれている所以がここにあります。

 ただし、あきらかに西洋医学的介入が必要と思しき徴候が認められた場合は、専門の医療機関への照会を行なう必要があります。

 そのため、WHOのガイドラインでカイロプラクターに要求されているのは、テクニックだけではなく、主訴に対する検査力、鑑別診断力、原因の特定力、さらに、術後のアドバイス・指導を行なう知識などと多岐にわたっています。
 
 上記の定義は、この部分を説明しているのだとご理解いただければよろしいかと思います

スポーツ障害
パフォーマンスアップ!

(アクティベータメソッド)

(グラストンテクニックジャパン)


(グラストンテクニック)

(キネシオテーピング)

↑↑
大分中央カイロプラクティックセンターの
フェイスブックページへ